最近読んだ本

「墜落の夏」(平成元年7月 新潮文庫)

ジャーナリスト 𠮷岡忍

 

自宅の書斎の片隅にあったものを再読。

世界最大の墜落事故。あの事故からもう30年以上も経ちました。

あらためて読んでみると、あの事故の真の原因は究明された

のかどうか疑問に思います。

それにしても当時の凄まじい状況がありありと伝わってきます。

事故時の機内の様子(コックピット、乗客)、遺体の損傷の生々

しい姿、被害者家族の思い、補償の在り方など

もし今同じような事故が起こったとしても、当時と同じ対応では

ないかと思います。

もし一瞬のうちにかけがえのない家族を失ったとしたら、時代が

変わろとも、人々の思いはみな一緒だと思われるからです。

 


 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
智恩院・清水寺・東寺

地下鉄・バスの乗り放題(900円 一日券)を購入。

これは便利。京都は市電がなくなってからバス路線が充実し

頻繁に走っています。

ただし人気路線は外人がいっぱいで常に満員。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知恩院参道

 

有名な書道家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大釣鐘

 

円山公園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3年坂   芸奴さん

 

江戸時代の小判などが販売されている

 

 

 

清水寺 ほとんど外国人

 

 

 

有名な舞台は工事中

 

 

 

 

 

東寺

 

正門

 

重要文化財 弘法大師の住まい

 

国宝 金堂

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
京都

最近京都へ行く機会が多く楽しんでいます。

それにしても外国人が多いこと。

さすが世界を代表する観光都市ですね。

 

昔ながらの書店

 

学校博物館(正面)

 

古い建物の博物館(裏面)

 

日本最古の開智小学校跡地 現在は博物館 明治2年創立

 

 

 

寺町通り商店街

 

新京極

 

阪急河原町駅

 

 

 

昔ながらの旅籠

 

京都らしいたたずまい

 

川沿いのフレンチレストラン

 

鴨川

 

 

 

 

 

川には夜間照明が

 

 

 

宇治茶の濁りのよう?

 

東本願寺

 

正殿

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
ビジネス書

 

事務所近くの「豊島区立中央図書館」に著書がおいてありました。

「ISOは経営をダメにする」(幻冬舎)は、ISOコーナー

ではなく、やはりビジネス書の分類でした。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
沼津界隈

年1回程度、春先に仕事で沼津へ出かけます。

いつものことながら、この地方ではきれいな富士山が見られます。

山梨の富士五湖からの絶景も見事ですが、伊豆半島からの富士山の眺めも負けていません。

 

三島駅新幹線ホームからの富士山

 

駿河湾から

 

海辺のレストランで海鮮丼を注文したら、なんと2人前

 

 

 

 

伊豆半島達磨山のジオパークからの眺め

 

標高が高いので、あちこちに雪が残っていました

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
別所温泉

信州の上田駅から、別所線が出ていて終点は別所温泉でした。

上田には仕事でたびたびきていますが、一度は別所線に乗ってみたいと思っていました。

 

上田駅名物 温泉卵そば

 

これが別所線

 

 

 

終点の別所温泉まで12駅30分

 

ここが中間の下之郷駅

 

別所温泉駅はレトロでした

 

 

 

 

 

自由に入れる足湯で熱いくらいでした もちろん無料

 

 

 

正面が本堂

 

 

 

眞田幸村ゆかりの由緒ある温泉旅館

 

温泉街には川が流れていました

 

 

 

 

遠くの山は冬の八ヶ岳

 

 

 

お寺は高台にあり、池は凍りついていました

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
久しぶりの新潟

仕事で新潟へ。

真冬で体に堪えましたが、駅周辺の散策にでかけました。

 

新潟駅

 

100万都市の新潟市

 

 

 

ユーモアあふれる石像

 

駅前の飲み屋街

 

 

 

新潟駅北口

 

新潟美人

 

 

 

新幹線と在来線の乗り換え口の一体化

 

雄大な信濃川

 

帰りの新幹線から

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
最近読んだ本

 

江上剛 

講談社新書(2015年12月)

 

銀行を中途退職し作家になった著者。

正義感が強くよく上司と衝突するが、部下からは慕われている

人柄で、かっての私と似たようなところがある。

銀行員時代の出来事を、さまざまま視点から描いている。

「人事」「左遷」「上司」「定年」「成果主義」「根回し」

「社長」「同期「ハラスメント」「査定」「経営企画」

「ボーナス」「経理」など、まさにサラリーマンが日常体験する

ことが興味深く書かれている。

たとえば成果主義は一見理想的に思えるが、島国の日本にはなじみ

にくく、部門により成果と年功序列を組み合わせればうまく行くと

述べる。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
松本界隈

最近仕事で松本市界隈に出かけています。

季節は冬が多く、天気が良い日はきれいなアルプスが眺められます。

 

背景の山は雄大な北アルプス

 

白鳥の飛来地

 

たくさんのカメラマン

 

飛来した たくさんの白鳥

 

最寄駅は信越線明科駅

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
最近読んだ本

 

団塊の後 3度目の日本」

堺屋太一 2017年4月(朝日新聞出版)

 

東京オリンピック後の日本を想定して書かれている。もともと近未来的な

予測の本を数多く出版してきた著者なりの視点で書かれていて、納得できる

点が数多くあった。

例えば明治以来の「廃藩置県」制度の産物である都道府県制度をあらため、

全国を2首都、2道、8州とする案は説得力がある。すなわち現在各県ごと

行われている作業の簡素化とコストダウンを狙ったもの。2首都とは東京

と大阪で、大阪はあくまでも首都の補完機能を持たせる位置づけ。2道とは

北海道と南海道(九州の離島以南全島と沖縄)で、その他は8分割して州制

度を導入。また団塊世代対応で医療関連事業を大幅に充実させたその後は、

この団塊世代の多くが亡くなることで、今度は医療関連の事業を世界に輸出。

日本のおもてなしと技術力を誇示することにより、日本の若者世代が減少する

中で、世界の優秀な人材我が国で確保できるという。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
| 1/40PAGES | >>