Iphone X

先日Iphone X 購入(色はシルバーで 256GB)

 

顔認証は便利。一瞬のうちに判別し、上部の鍵マークが閉から

開に切り替わる。ただし電源を切った後はパスコードの入力

が必要。

すべて画面の下部のスワイプでコントロールされています。

まだあまり使い慣れていませんが、写真の解像度が各段に

上がっているとか。楽しみです。

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
最近読んだ本

「東京どこに住む?」

ライター 速水健郎(2016年5月 朝日新聞出版)

 

近年住宅地が都心回帰の傾向を見せ始めている。

東京の住宅地はもともと「西高東低」の傾向が長らく続いてきた。

すなわち、世田谷区、杉並区、練馬区などの閑静な住宅地が好まれ、

墨田区や台東区といった都心の東側は人気がなかった。

ところが昨今、都心に近く職住一体の住居が好まれている。

それに湾岸エリアの高層マンションの供給も相次ぎ、若者の夫婦が

住み始めた効果も大きいという。

ところで世界の人口の半数は都会で暮らしているという。

ノーベル経済学者音のロバートルーカスは、人は他人の近くにいる

ことで頭がよくなり、新しいビジネスにつながるアイデアが生まれ

ると説く。

実際どうなのかは信じがたいが、住み替えを考えている人には

参考となる一冊。

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
鹿児島ー続き

今回の鹿児島行きは、天気に恵まれず連日雨模様でした。

幸い翌日雨も止んだので、早朝1時間ほど市内観光に出かけました。

 

 

 

丘の上は城山観光ホテル

 

 

 

鹿児島県立博物館

 

照国神社

 

明治時代の建物も老朽化しています

 

 

 

 

鹿児島県教育会館

 

西郷隆盛像

 

県立美術館

 

 

 

小松帯刀像

 

 

 

薩長時代に活躍した石像があちこちにあります

 

 

 

有名な天文館通り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島名物 ざぼんラーメン(とんこつ味が主流)

 

鴨池港からフェリーで鹿児島湾横断

 

 

 

天気が悪く桜島も厚い雲に覆われています

 

鹿児島空港

 

展示ルーム

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
鹿児島へ

毎年秋に仕事で鹿児島へ出かけています。

今年は天気が悪く、雄大な桜島もほとんど見えずじまいでした。

来年はまたNHKの大河ドラマで取り上げられる予定であり、

徐々に盛り上がっていました。

 

空港から市内へ向かう展望台 市内一某

 

炭鉱の跡地

 

 

 

 

今年は以外と知られていない武家屋敷へ

 

当時の大名 島津斉彬公

 

 

 

 

 

武家屋敷は1キロ近く続いていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武家屋敷から車で20分足らずのところに知覧特攻隊戦没会館が

ありました。 数年前に一度来たことがあります。

 

 

たくさんの戦没慰霊碑

 

知覧戦没者記念館

 

隊員の三角兵舎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

零戦戦闘機

 

勇壮な開聞岳

 

池田湖

 

今回のレンタカー 日産note

 

JR かいもん駅

 

もちろん無人駅

 

時刻表 一日数本しか走っていません

 

次は長崎鼻 薩摩半島の最南端 ここも2度目の訪問です

 

竜宮神社

 

浦島太郎像

 

海から見る開聞岳

 

最南端から見る指宿、鹿児島市

 

 

 

夜の鹿児島中心街

 

頻繁に行き来する市電

 

今回の宿泊先 鹿児島ワシントンホテル

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
高知城

毎年仕事で土佐に出かけいます。

宿泊先は高知市なので、歩いて5分の高知城へ。

急ぎ足で30〜40分足らずでひとめぐりしてきました。

 

ホテルの部屋から

 

 

 

市内が一望

 

 

 

 

 

 

 

天守閣

 

 

 

 

 

築城400年 重要文化財

 

 

 

 

 

 

 

板垣退助の像

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
館林

毎年一番暑い時期に、仕事で群馬の館林に出かけています。

駅前に温度計があるのですが、ついつい温度を見たくなります。

当日は真夏にも関わらずそれほど気温が上がらず、30度前後でした。

 

東武線館林駅

 

有名な10割そば屋

 

そばが2.5人分ぐらいありました

 

つつじが丘公園

 

大きなハスの葉が見事

 

おびき稲荷神社

 

 

 

 

 

館林市第一資料館

 

明治時代の建築(上毛モスリン株式会社)

 

 

 

明治時代の馬車

 

 

 

絹織物機械

 

隣には田山花袋の記念館がありました

 

 

 

田山花袋の像

 

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
Iphone X

スマホはずっとIPhoneを使っています。

 

本日 Iphone X を予約しました。

 

申し込み順に発売されるとのことで、発売当日の11月3日に入手できそうです。

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
休日散歩コース

土日健康管理のためになるべく歩くようにしています。

自宅近くに小さなバイバス道路が完成し、散歩コースが新たにひとつ加わりました。

自宅からこのバイバス道路を経由して、往復1時間足らず。

途中にはスーパー、100円ショップなどもあり、買い物がてら気分転換になります。

 

ここが散歩の始まり。自宅から徒歩3分

 

飯能市一望 この山を下るとスーパーがあります

 

 

西武車両基地

 

出来立てのバイパス道路

 

 

武蔵丘カントリー入口 女子オープンが開催されます

 

クラブハウス入口

 

 

 

前方に西武線の線路が見えます

 

台大橋 向こうから降りてきてこの橋を渡り左に曲がると

自宅に帰れます

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
最近読んだ本

 

「定年後」著者 楠木 新

中公新書(2017年4月)

 

今話題のベストセラー。

シニア世代の定年後をどう生きるかを、さまざまな人に

インタビューを行い、その結果をまとめたもの。

著者も50歳ごろから、サラリーマンともの書きを

並行して実践していたとある。

人は40歳ごろまではひたすら出世競争に明け暮れるが

その後は先が見え、いかに早く人生の後半を考えるかで

その差がつくという。

よほどの特技や趣味がない限り、今までの仕事の経験を

生かせる道に進むほうが無難だともいう。

今定年後どのように生きるかで悩む人が多く、ヒット作

につながったと思われる。

内容は平凡で、あまり参考にはならなかった。

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
熊本へ

3年ぶりに熊本へ。

大地震の跡がどうなっているのか気になっていました。

市街地もかなら建物が被災したとのことですが

1年経った今かなり修復が進み、見た目には被災した

痕跡は見つかりませんでした。

ただし、世界文化遺産の熊本城はまだほとんど手つかずで

あらためて大地震の大きさを実感できました。

 

大阪から九州新幹線で移動しました

 

 

 

熊本名物 馬刺し

 

 

 

からしレンコン

 

 

 

 

 

牛の赤肉 これは絶品!

 

 

 

 

 

もともとここは寿司屋 ネタが新鮮でうまい!

 

ちんちん電車 市内全域170円

 

熊本城近くのビル 亀裂の修復痕

 

熊本城入口

 

入口正面右の石垣が崩れていました

 

加藤清正像は無事

 

バリケードで立ち入り禁止

 

 

 

震災当時の手つかずのまま

 

復旧工事のクレーンが見えます

 

大地震当時そのまま!

 

土嚢がいっぱい

 

震災時から手つかず

 

 

 

 石垣がいたるところで崩壊しています

 

幕末藩士像 一番左は竜馬でその右は勝海舟 中央は熊本の藩士

 

在来線の熊本駅

 

近代的な街並みが広がっていました

 

新幹線口

 

おてもやんの像

 

ゆるきゃらのクマもん

 

九州新幹線の車内

 

かなりゆったりしています

 

| comments(0) | trackbacks(0) | by 萩原睦幸
| 1/38PAGES | >>